CAD/CAM冠

歯科医師の方へ CAD/CAM冠の保険適用開始について。

「歯科用CAD・CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴(全部被覆冠による歯冠補綴が必要な重度齲蝕小臼歯に係るものに限る。)」が、平成26年度診療報酬改定により、保険適用されるようになりました。
次のようなお悩みを持っている歯科医師様は、当社にお気軽にご相談ください。

  1. 患者様の医療費負担を可能な限り抑えたい。
  2. お急ぎの患者様の要望に応えたい。
  3. 保険内で患者様に歯科技工物を提供したい。
  4. CAD/CAM冠を保険適用したものを導入したい。

CAD/CAM冠について。

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた「ハイブリッドレジン」という白い素材により、保険適用となるCAD/CAM冠は製作されています。
従来は自費治療対象だったハイブリッドレジンの被せ物が、保険適用になりました(第一小臼歯・第二小臼歯のみ)。
歯科技工物が保険適用により、費用負担を抑えることができるほか白い素材により審美的にもご納得いただける歯科技工物を製作させていただけます。
また、型取りの際の注意点についても特に意識することなく、通常通り型取をしていただくことで、それを元にCAD/CAM冠の製作をさせていただきます。
製作の流れとしては、歯型の模型を歯科技工士が製作し、それを3Dスキャナで読み取り、データにして、それをもとにコンピューターで自動切削し、経験豊富な職人が、ご要望に応じて精度の高い歯科技工物を製作します。

当社でCAD/CAM冠を製作する際のメリット。

  1. 保険適用内にて精度の高いCAD/CAM冠を、歯科技工物の製作実績が多数あるプロの職人が製作します。
  2. 短納期で歯科技工物の製作が可能なため、急ぎの患者様にも対応可能です。
  3. CAD/CAM冠を複数台所有していますので、大量発注にもご対応させていただくことが可能です。

IMG_1231
IMG_1232
IMG_1256
IMG_1368